<< ミセス・ガードナー  〜オースティンの書いた面白い人物〜 | main | 『日の砦』を読んだ  (黒井千次著、講談社文庫) >>

スポンサーサイト

  • 2015.07.11 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


黒井千治著『日の砦』を読んでみたくなった

 朝、6時40分起床。
 目が覚めても起きないでいたが、ふと着想が浮かんで、ようやく起きた。
 さっそく手帳にメモする。

「われわれが何気なく営んでいる生活は不安定で危険な闇に包まれている。われわれは不確実な地盤の上に日々の暮らしを営なんでいる。事故や病気はいつでもそこにあって、われわれをおとしいれることができるのだ。そのような状況を見る目があれば、われわれは楽観的であることなどできないだろう。そんな状況なのにわれわれは不思議なほど楽天的である。そうあることができるのは、実は幸いなことであるだろう。
 必要以上に悲観的になることによって、ストレスが高じて、われわれの免疫機構は壊れてしまうだろう。事実をありのままに理解することは自分を滅ぼすことになる。」


 昨夜、黒井千次の『日の砦』についての、2004年の新聞記事の切り抜きをたまたま読んだ。
 また自作「日常生活の背景」を少し読み返した。そんな影響が残っていたのだろう。

 黒井千次『日の砦』(短編10作から成る)刊行についてのインタビュー記事から。(2004年9月14日、毎日新聞)

 主人公・群野高太郎の定年退職後の平穏な日常。

《「息子は結婚して家を離れ、長年生活を共にした妻と会社に勤めている娘との3人暮らし。高太郎を中心に、時に視点を家族に移しながら、一見穏やかな日々がつづられていく。
 ところが、各編とも、平穏な日常に深い裂け目がのぞくように、意外な起伏を見せる。たまたま乗ったタクシー運転手の鬱屈をかかえたようなしぐさ、ふと入った喫茶店で耳にした不幸、近所に住む老女のはっきりしない行動、正体の知れない老いたマッサージ師、小雨の降る中で出会った無気味な男……。何気ない出来事のようなのだが、よく見据えると怪しく、底知れない。そんな意味ありげな事件が高太郎たちを不安に陥れる。
「戦争とか、病気とか、特定の何かを恐れているわけではないんです。もしかしたら、何でもないこととして、見過ごしてしまうようなことかもしれません。でも、立ち止まって、おや?と考えると、、妙に暗い、よくわからないものが見えるような気がする。暮らし全体の底にうごめいている異物というか。それで、生きていること自体の危うさに気づく。『現代の怪談集』と感想を言ってくれた人もいました。」(笑い)
「結局、人間というのは、そういう上で生活していて、折り合いをつけたり、かかわりを持ったりしながら、せめぎ合いを続け、なんとか暮らしを守っているのだと思うのです。それを『砦』と呼びたかった」
 演劇にたとえると、家族が会話をしたり、生活をしたりしている手前は明るいライトで照らされている。ところが、その背後には闇が広がっていて、ふとした瞬間に、その底無しの暗さに気づくような感じといえるだろうか。
 (中略)
「主人公たちの不安の正体を考えると、他者との関係のあり方だったり、家族の結びつきの根拠だったり、人生というもののつかみにくさだったり、時の流れを前にした無力感だったり、いろいろだ。主人公たちは日常を揺さぶられ、非日常を体験し、また、日常に回帰してくる。
「出発点の日常と戻ってくる日常がちょっと違ってくるんですよね。それが毎日毎日続いている。低い目線で、何でもない毎日を見ると、どうなるか。この気味悪さは、生きていることの基調ではないかと思っています」》


 そういえば、上記の自作「日常生活の背景」(2年ほど前)でこんなことを書いた。

《何でもなく過ぎていく日常生活の周辺に、思わぬ深い闇が広がっていたことを、改めて知る思いだった。通常、人は日常性の中の決まった道を決まった仕方で歩いていて、何となく安心感を得ている。けれども、この世界は決まった道ばかりで成り立っているのではない。道の周辺には、知ることのできない深い闇の地帯が広がっていて、常に私たちの暮らしを取り巻いているのだ。》
《おそらく彼にとって家族は自明性の砦であったのだ。それは舟がつながれている堅固な岸壁のようなもので、それが取り除かれると、日常生活の自明性が消えてしまって、背景にあった闇が前面に出てくるのである。》

 これは明らかに黒井千次さんの『日の砦』(についての新聞記事)からきている、と今日気づいた。

《立ち止まって、おや?と考えると、、妙に暗い、よくわからないものが見えるような気がする。暮らし全体の底にうごめいている異物というか。》

 この言葉が僕の心の中に残って広がっていたのだろうか。

 実は黒井千次さんのこの本を僕はまだ読んでいない。
 インターネットデ調べると、文庫(講談社文庫)になっていた。

 読んでみたくなったので、注文した。
 このところちょっと本を買いすぎ、と思いながら。


スポンサーサイト

  • 2015.07.11 Saturday
  • -
  • 09:10
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM