<< いったいこれは何? 村上春樹の作品について考えてみたい | main | 青いティッシュペーパーと、花柄のついたトイレットペーパー >>

スポンサーサイト

  • 2015.07.11 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


『ねじ巻き鳥クロニクル』をはじめて読んだときの感想

 まず、手はじめに、何でもいいや。『ねじ巻き鳥クロニクル』をはじめて読んだときの感想はこんなふうだった。(2006年9月22日付ブログ、このブログはいまは廃止になった。) 

◇『ねじまき鳥クロニクル』を読み終える 2006/09/22
 ようやく全3冊を読み終えた。間に何冊か他の本を挟んだりしながら読み進み、3か月くらいかかったか。
 村上作品に通じているわけではなく、一度通読しただけだから、作品評などできない。ただ、非常に面白く読めたので、思いつく限りの感じたことや思ったことを書いてみたい。
『海辺のカフカ』もそうだったが、この作者の作品は、謎に満ちていて、奇怪でわけのわからない、読んで何を意味しているのか、何を書こうとしているのか、理解が難しく、想像をふくらませるものがある。というのもいろいろな出来事が深いところで繋がりあっていて、何やら意味ありそうな構造になっているようだけれども、作者はそれを直接には説明しないままで終わる。
 言ってみるならシュールレアリズム的(超現実主義的)な内容の話であるが、文章上は非常にわかりやすく読みやすい。
 いろんなものが絡み合って謎に満ちた話であるにもかかわらず、わかったような思いで面白く読み進めていける。不可解に思いながら、謎を解こうという好奇心によって、読んでしまえるのだ。

◇まず何よりも文章が平易でわかりやすいという点
 個々の部分の文章は具体的でわかりやすく秩序だっている。きわめて日常的な細々したことを日常的な言葉で書いているといったタッチ。
 独特のリズムがあるのだろうか。快く楽しいと感じながら、エンターテインメント的に快適に読むことができる。
 しかも日常の平易な描術が流れていくあいまに、ユニークな人間観察や深刻な問題や恐ろしい謎が入り込んでくる。

《台所でスパゲッティをゆでているときに、電話がかかってきた。僕はFM放送にあわせてロッシーニの『泥棒かさささぎ』の序曲を口笛で吹いていた。スパゲティーをゆでるにはまずうってつけの音楽だった。
 電話のベルが聞こえたとき、無視しようかとも思った。スパゲティーはゆであがる寸前だったし、クラウデイオ・アバドは今まさにロンドン交響楽団をその音楽的ピークに持ちあげようとしていたのだ。しかしやはり僕はガスの火を弱め、居間に行って受話器をとった。新しい仕事の口のことで知人から電話がかかってきたのかもしれないと思ったからだ。》

《結局猫を探しに行くことにした。(……)僕は薄手のレインコートを着た。傘は持たないことにした。テニスシューズを履き、レインコートのポケットに家の鍵とドロップを幾つか入れて家を出た。》

といった具合。
 進行する話と直接関係がないと思われるような具体的詳細(日常的な行為)が、几帳面に書き込まれている。これも村上作品の特徴で、一つの魅力を作りだしているようだ。それが主人公への親しみをわかせ、作品世界に実在感を与える効果をもつのだろう。


◇ねじ巻き鳥とは何か?  現実世界に滲出する奇怪な世界
 けれどもそんな日常的な文章の中へ、少しずつ奇怪な幻想の世界が滲出してきて、読みすすむうちに物語はしだいに佳境に入っていく。本当はとんでもない恐ろしい世界がそこで展開されているのだ。

 ねじまき鳥とは何か。それは文章のあちらこちらで短く顔を出す。
 最初の記述はこんなふうだ。

《近所の木立からまるでねじでも巻くようなギイイイッという規則的な鳥の声が聞こえた。我々はその鳥を「ねじまき鳥」と呼んでいた。クミコ(妻)がそう名づけたのだ。本当の名前は知らない。どんな姿をしているのかも知らない。でもいずれにせよねじまき鳥は毎日その近所の木立にやってきて、我々の属する静かな世界のねじを巻いた。》

 この鳥はねじを巻いて世の中の動きを推し進めている、人々はねじの推進力で日々の営みを営んでいる。生きることへの推進力が自分の中に欠乏している悲しさ、物憂さの中で、ただねじを巻かれたように淡々と日々の営みを営んでいく、そんなイメージだろうか。最初に思ったのはそんなこと。

 読みすすめるうち、どうやらそれは違うようだ、と気づく。
 人間が生きているこの世界の背後には、何かしら理不尽で恐ろしい世界があって、ねじ巻き鳥はその世界に由来する破壊的で暴力的な力のようなものをあらわしているようだ、と。
『海辺のカフカ』も、今にして思うと、まさにそういう恐ろしい人間の暴力性を主題とする作品だったのだとうなずかれる。
 知る前には、村上春樹というと、都会の孤独と悲しみを書き、何となく甘く優しい印象がある作家だろうかと思っていたが、どうやら彼の中にはとてつもない怪物が住んでいたのだな、彼はいよいよそれと本格的に取り組み始めたのだな、と知らされる。
 
 『ねじまき鳥』について作者の頭にあった核心は、中国大陸(ノモンハン)での戦争や数々の恐ろしい事件についての衝撃だったのだろう。人間(日本人)がなしうる残虐行為といったものへの衝撃。それを平和で安穏とした現在の世界とどう係わらせるか。その一つの装置として、彼は古びて涸れた「井戸」を登場させる。中国大陸で兵士や動物園の園長などが体験した恐ろしい残虐な行為。(それを描く作者の文章の力は見事で凄いというほかない。とても読み続けられないと思われるほど。)それが大陸の古井戸と主人公の家のすぐ近くにあった古井戸を通して繋がるという設定。戦争時代にあった世界が現在の世界に滲出してきて、強い影響を与えるという超現実的な話だ。その結果、飼い猫がいなくなり、妻が失踪をし、主人公が理不尽でわけのわからない暴力をふるったりする。

◇自分がしたくない恐ろしい行為をする状況
 作者が特に書こうとしたのは、自分が望まないのに(非常に嫌だと思うのに)暴力をふるわなければならない(人や動物を撲殺しなければならない)、上からの命令や義務感などからそうせざるをえない、そういう立場に追い込まれた人間の行動、という問題だったのではないかと思う。『海辺のカフカ』でも、主人公のカフカ少年がアイヒマンについての本を読む場面があった。アイヒマンは強制収容所でユダヤ人の大量虐殺を遂行した担当者だ。ある意味では非常に忠実で優秀な職務遂行者だった。これは作者にとって基本的な問いの一つだったのだろう。
 こういうことは、日常のわれわれの地域社会、職場社会のなかでも、起こりうることではないだろうか。
(残虐な行為という形ではなくても、職務上、あるいは役割上、自分が望まないことを人に対してするようなことがあるのではないか。)
 
 ねじまき鳥が登場するのは他でもないそういうときだ。ねじまき鳥がギイイイッとねじを巻くと、人は自分がしたくない恐ろしい行為をしなければならなくなる。みずからまったく望まないのに自動的にねじを巻かれた人形みたいに残虐な行為を行う。その息苦しいさまがあのように真に迫って詳細に書ける、あれは真似ることのできない凄い腕前だ、と思う。……


スポンサーサイト

  • 2015.07.11 Saturday
  • -
  • 06:27
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp
http://www.airmax90shoes.us.com/ nike shoes
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ adidas ultra boost
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ puma sandals
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes belts
http://www.kd10-shoes.us.com/ kd
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade handbags
http://www.nikeairmax-90.us.com/ nike air max 95
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fitflop shoes
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock clearance
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ nike shoes
http://www.kyrie-4.us.com/ nike kyrie
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ adidas boost
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ louboutin heels
http://www.lebron15-shoes.us.com/ lebron 15
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora bracelet
http://www.jordan11spacejams.us.com/ jordan 1
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora bracelet
http://www.jordans11shoes.us.com/ jordan 12
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ adidas ultra boost
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ yeezy boost
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon speedcross 4
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflop
http://www.curry4-shoes.us.com/ curry 4 shoes
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora necklace
ドリフトliuyuzhen
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM