<< 赤い靴をはいた女の子 | main | 座りっぱなしの弊害は喫煙に匹敵 >>

スポンサーサイト

  • 2015.07.11 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


原爆の忌まわしい歴史直視を  チョムスキー教授

  2005年ころの新聞切り抜き(毎日新聞)の記事から。


 「原爆の忌まわしい歴史直視を――マサチューセッツ工科大のチョムスキー教授に聞く――」

◆米国民の原爆感を知るショック

 これはアメリカ人であるチョムスキー氏がアメリカ人の本質を知ったときのショック。でもわれわれ日本人のショックでもある。

 16歳の時、彼(チョムスキー少年)はフィラデルフィアで林間学校に参加していて、ラジオで原爆投下を知った。
 「そのとき周囲の子どもたちが歓声を上げた」のに、彼は非常なショックを受けた。

 さらに彼に衝撃を与えることになった光景。

 50年代にボストンで上映された原爆投下の記録映画「ヒロシマ」を見たときのこと。これは「ポルノ映画」という触れ込みっだった。

被爆者が沸騰した川に飛び込む映像を見ながら、観客が大笑いしていた。

 「米国はアパッチ、ブラックホークなど、自ら虐殺した先住民の名前を兵器につける国だ。もしドイツ空軍が戦闘機を「ユダヤ」などと名付けたら、どう思うだろうか。」

「原爆投下はおぞましい犯罪だ。個人的には東京大空襲はさらにひどい犯罪だと考えている。しかし、戦争犯罪を定義したのはニュルンベルク裁判だった。枢軸国の行為のみを戦争犯罪、平和に対する罪と定義し、大都市への空爆など連合国もした行為は定義から除かれた。」

◆問題はそういうことが「特殊」ではなく「一般」であるということ

 日本に原爆が投下され、恐ろしい被害を与えたのを知ったとき、

 「子どもたちが歓声を上げた

 それはありそうなこと、当然あると予想されることである。
 何しろ、日本は憎むべき凶悪な敵国、アメリカに甚大な被害と恐怖を与えようとした国なのだから。

 国民感情、特に戦争、国際紛争などがからんできたときの国民感情は、通常そのような強い盲目的な偏見に導かれるものなのだ。

 「ヒロシマ」の映画を見ながら、観客が

 「被爆者が沸騰した川に飛び込む映像を見ながら、観客が大笑いしていた。

 アメリカ軍が投下した原爆で、おびただしい数の人間が一瞬にして死に、あるいは恐ろしい破滅と苦しみを被った。そのさまが、多くのアメリカ人に笑いと快楽を与えた。
 ちょっとひどいと思われるだろうが、こうした恐ろしい面が、あるいは愚かしく無恥な面が人間には、ごく一般的にありうるのだ、という思いを抱かせる。

 つまり、われわれ日本人だって、中国、韓国にたいして、言語に絶するひどいことをやってきた。そんなひどいことを日本人の多くは積極的に声援し、恐ろしい不正を正義だと信じながら参加し、国民一体となって罪を犯してきたのだ。
 或いは、もし原爆投下国が日本で、被害国がアメリカ人であったとした場合、多くの日本人は、アメリカ人に劣らず大歓声をあげて喜んだだろう。

 このような狂気、理性(冷静な良識)に反した感情の氾濫が人間集団にはありうるのだということ。

◆アメリカ人のなかにもあるこのような良識

 「原爆投下はおぞましい犯罪だ。個人的には東京大空襲はさらにひどい犯罪だと考えている」

 この記事を読んで、ぼくが何よりも最初に「嬉しい」と思ったのは、この問題について、アメリカ人の中にも、このように公正で自省的な認識をもった人たちがいるのだ、ということだった。

 こういう声がアメリカにおいても、もっと大きくなることを期待したいもの。
 
 原爆投下も、東京大空襲も、ベトナム戦争、アフガンの空襲、イラク戦争も、アメリカの行っている行為は、大規模農園で殺虫剤を大量に散布して害虫を全滅させる、というアメリカ式合理主義の延長にある。 
 
 いや、驚くべきことは、アメリカにおいては、戦争が遠い過去になった今でもなお、原爆投下(人間をいっせいに大量に抹殺するというおぞましい行為)について、「あれは正義だった」という一般的で根強い偏見が残っているらしいことである。

 さらにいえば、大量に抹殺したとしても、それがアメリカ人、あるいは白人とは本質的に異なる人間(日本人、ベトナム人、アフガン人、イラク人… )であるならば、それほど問題ではない、というような感覚があるように思われることだ。

 それは良識ある現代人としての感性と良心を欠くことである。けれどもアメリカ人は今なおそのような偏見から自由になれていないところがある、という気がする。
 

スポンサーサイト

  • 2015.07.11 Saturday
  • -
  • 01:30
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM