<< 頬がげっそり落ち込んでいる、気をつけなよ | main | 【短篇】 街路にて  (2) >>

スポンサーサイト

  • 2015.07.11 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【短篇)  街路にて  (1)


 ぼくは用もないのによく街に出かけた。

 いっしょに遊んだりしゃべったりする友人もなく、出かけて行くべき知り合いもなかった。毎日一人きりで部屋にいると、ただむしょうに外に出かけたい気持になる。出かけて行って、人ごみに混じつて歩くことへの理不尽な欲求が内部からわき起こってくるのだ。

 出かけても部屋にいても、一人であることにはなんら変わりがない。むしろ入ごみの中に混じって歩くことによって、みずからの孤独性、笑うべき惨めさをいやというほど思い知らされるのが落ちなのだ。
 群衆の中では知った人がいないため、気を使わなくてもいい気楽さはった。しかし、行きかう人の目が気になつて、ぼくは終始ひどくうつむいてばかりいた。滑稽なくらいくよくよと神経を使い減らし、ボロくずのようにくしゃくしゃに疲れはてて、ああ今日も時間をむだに費やしてしまったという苦い後悔の味をかみしめながら、自分の部屋に帰ってくる。

 本を読んだり、音楽をきいたり、自分の好きなことをして過ごしたほうがどれだけよかったことかと心底から反省するのだ。そしてそのたびにもう二度と出かけまいと、「石のように固い決意」を固めることになる。その決意を有効に持続させるために、ノートにくどくどと書きつける。
 それはもうおきまりのコースだった。

 やがて再び新しい太陽が昇り、金色にかがやく美しい一日が始まる。
 すると、とてもふしぎなことに、どこからともなく決して死ぬことのない鳥のように蘇ってくる甘い希望に満ちた情念がぼくをとらえるのだ。

 その鳥は外へとぼくを誘い、ぼくはひたすら外出の口実を探しもとめることになる。
 そうなると前日の「石のように固い決意」などはひとたまりもない。なにかつまらないちょっとした口実が頭に浮かびさえすれば(それはいつでも頭に浮かんだものだが)、ぼくはすぐさまそれに飛びつく。憐れな犬ころが投げられた肉片に飛びつくように。それは幻の肉片で、飛びつくと同時にさっと引こめられるのだ。しかし、そんなことにかまっちゃいられない……何はともあれぼくはさっそくでかけることになる。「おい、またしてもこりもせずご立派なことだな!……ハハ!……まあいいさ!……」
 前後のみさかいもなく、とるものもとりあえずといった体で、ぼくは自分の棲む穴ぐらを飛び出していくのだ。
 入々が行きかう場所を目指して、電車に乗り、通りから通り、街から街へとあてもなく歩いてまわるのだ……

 正常な普通の人々のように自分もちゃんとした用があって出かけてきたというふりを、自分に対しても他人に対しても装う必要を感じるので、ときおり本屋やデパートのレコード売場に立寄りはする。

 が、その実は、ただあちこちと歩きまわっては、どこにも自分の居場所がないと感じる憐れな宿なし犬にほかならなかった。

 いや、かならずしも目的がないというのではなかった。

 そうだ、ちょうど腹を空かした犬が、あちらこちらで人に追いたてられながら、餌をあさってまわるように、人にとがめられるのを気にしながら、通りかかる若い女たちの顔や姿をひそかに盗み見ては、罪ぷかい目で喜びをむさぼり享受してまわる……そういう目当てがあるにはあった。

 そしてそれをぼくは内心うしろめたいことのように感じていた。

 だからそれらの行為のために、別のちゃんとした「本当の用件」を自分のために当てがってやる必要を感じていた。

 ぼくはいつもひどく玖しい気持に悩まされた。

 路上でも、乗り物の中でも、書店によって本を買うときでも、いつでも罪びとのように顔を伏せていた。

 通りがかりの人々の顔を見ることが妙に出来にくかった。用もないのにでかけてきた者の本質がが見ぬかれていると感じていたからかもしれない。

 それに、あえて顔をあげて通行人と眼が合えば、相手の心を害するか自分が傷っくことになるという気がした。

 つまり、相手が気の弱い男であるならば、ぼくの視線につけられたように感じるだろうし、相手が気の強い人物ならば、面と向かって見られることを敵意ある挑戦ととるかもしれない。
 相手が健康で正常な人ならば、ぼくを無視するか憐れむべきとるにたりない存在だと感じるだろう。
 若い女ならば、ぼくのような取るに足りない貧弱な男に見られることを心外に思うだろうし、それが魅カ的な娘であったとしたら、なおさら彼女を見て目で快をむさぼるというぼくのあさましく卑しい下心が公衆の面前で明るみにさらされることになり、その上彼女はぼくを鼻で笑うだろう……


スポンサーサイト

  • 2015.07.11 Saturday
  • -
  • 03:52
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM