<< 思われているという幻想 | main | 森鴎外「百物語」  〜〜生まれながらの傍観者ということ〜〜 >>

スポンサーサイト

  • 2015.07.11 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


森鴎外「心中」  〜〜岩波文庫「妄想外三篇」から〜〜 

 森鴎外『妄想外三篇』読み終える。(読み返し)

 もうかなり昔に買った薄っぺらい岩波文庫、1992年第8刷

 以前に読んだときもそれなりの印象をもったと思うが、作品そのものの出来とか形とかよりも、自分にとって意味があると思われるのは、作品中の「ある一部」だという思いをもった。

 たとえば「心中」という作品がある。料亭に勤める〈お金〉という住み込みの女性が、語り手(書き手)である〈僕〉に、仕事中に体験した奇特な(珍しい)話をする、という設定。

《お金(きん))がどの客にも一度はきっとする話であった。どうかして間違って二度話し掛けて、その客に「ひゅうひゅうと云うのだろう」なんぞと、先()を越して云われようものなら、お金の悔やしがりようは一通りではない。なぜと云うに、あの女は一度来た客を忘れると云うことはないと云って、ひどく自分の記憶を恃(たの))んでいたからである。
 それを客の方から頼んで二度話して貰ったものは、恐らくは僕一人であろう。それは好く聞いて覚えて置いて、いつか書こうと思ったからである。》

 こんなふうに鴎外は、状況を設定し、その状況の中に深く入り込んで、話そのjものは細ごまと凝った展開になっている。
 それ自体は、話題として語るに足る話で、それでいいのだろうが、ただそれだけのことで、とくに印象には残らない。魅力的とか面白いとか思うほどのことはない。

 この作品の中で「面白い」と感じ、印象に残ったのは、主人公〈お蝶〉の、性格を記述した部分である。
彼女はその夜男と心中する。それがこの話である。

《こう云う入り組んだ事情のある女を、そのまま使っていると云うことは、川桝(この料亭)ではこれまでついぞなかった。それを目をねむって使っているには、わけがある。一
つはお蝶がひどくお上さんの気に入っている為めである。田舎から出た娘のようではなく、何事にも好く気が附いて、好く立ち働くので、お蝶はお客の褒めものになっている。国から来た親類には、随分やかましい事を言われる様子で、お蝶はいつも神妙に俯向(うつむ)いて話を聞いていても、その人を帰した跡では、直ぐ何事もなかったように弾力を回復して、元気よく立ち働く。そしてその口の周囲には微笑の影さえ漂っている。一体お蝶は主人に間違ったことで小言を言われても、友達に意地悪くいじめられても、その時は困ったような様子で、謹んで聞いているが、直ぐ跡で機嫌を直して働く。そして例の微笑)んでいる。それが決して人を馬鹿にしたような微笑ではない。(怜悧)で何もかも分かって、それで堪忍して、おこるの怨むのと云うことはしないと云う微笑である。「あの、(えくぼ)よりは、口の(端)に、(縦)にちょいとした(皺)が寄って、それが本当に可哀うございましたの」と、お金が云った。僕はその時リオナルドオ・ダア・ヰンチのかいたモンナ・リザの画を思い出した。お客に褒められ、友達の折合も好い、愛敬((あいきょう))のあるお蝶が、この内のお上さんに気に入っているのは無理もない。
 今一つ川桝でお蝶に非難を言うことの出来ないわけがある。それは外の女中がいろいろの口実を拵()えて暇を貰うのに、お蝶は一晩も外泊をしないばかりでなく、昼間も休んだことがない。佐野さんが来るのを傍輩がかれこれ云っても、これも生帳面()に素話()をして帰るに極まっている。どんな約束をして、どう云う中か分からないが、み舞をしないから、不行跡だと云うことは出来ない。これもお蝶の信用を固うする本になっているのである。》

 この短篇ではこの部分がいいと私は思った。ここだけ肖像画の中から切り抜いて額におさめておきたいと思うところだ。

 鴎外は世間で見かけたある女性の中にこういう特徴を見て取って(あるいは想像して)、それに強く興味を感じたのにちがいない。
 あるいはこれは鴎外自身の心を書いたのかもしれない。
 そういった鴎外の関心のほどが思い浮かぶので、この部分がおもしろく興味深いのである。
 
国から来た親類には、随分やかましい事を言われる様子で、お蝶はいつも神妙に俯向(うつむ)いて話を聞いていても、その人を帰した跡では、直ぐ何事もなかったように弾力を回復して、元気よく立ち働く。そしてその口の周囲には微笑の影さえ漂っている。》

《一体お蝶は主人に間違ったことで小言を言われても、友達に意地悪くいじめられても、その時は困ったような様子で、謹んで聞いているが、直ぐ跡で機嫌を直して働く。そして例の微笑)んでいる。それが決して人を馬鹿にしたような微笑ではない。(怜悧)で何もかも分かって、それで堪忍して、おこるの怨むのと云うことはしないと云う微笑である。》



スポンサーサイト

  • 2015.07.11 Saturday
  • -
  • 03:26
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ yeezy shoes
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ nike air force 1
http://www.kd10-shoes.us.com/ kd 9
http://www.lebron15-shoes.us.com/ basketball shoes
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fit flops
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ yeezy boost 350 v2
http://www.jordans11shoes.us.com/ air jordan xi
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflop uk
http://www.curry4-shoes.us.com/ under armour curry 3
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon speedcross 4
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ louboutin shoes men
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes belts
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ yeezy boost
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora jewelry
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora rings
http://www.nikeairmax-90.us.com/ air huarache
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ puma sneakers womens
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp
http://www.kyrie-4.us.com/ kyrie 2 shoes
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora bracelet
http://www.airmax90shoes.us.com/ nike shoes
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ adidas ultra boost women
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade purses
http://www.jordan11spacejams.us.com/ space jam 11
ドリフトliuyuzhen
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM