<< ひとりきりでひたすら自分のために書いたもの | main | 自分のパソコンへ帰る >>

スポンサーサイト

  • 2015.07.11 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


幻想の生じるところ ―人の心―

 

幻想が今日も彼を支配していた。

 

幻想−それは心の期待とそのときの外界の印象、見たもの、聞いたものなどをもとにつくり出される。

 

 人はどうしても心が予期し期待するもの、あるいは恐れるものに関心があるものだから、観察された外界を自分の心の期待、恐れに沿った形で想い描こうとする。期待しているとおりであるか、期待外れであるか、という関心をもって、人や物を見る。期待の気持にあっているように取れる事実(それはたいていはっきりしない、どちらにでもとれる性格のものであるが)が少しでもあると、喜びが生じ希望が生じる。勿論始めは随分慎重に控え目に疑いの余地あるものととして受け取るのだが、それが度重なり慣れてくると、次第にそれが確信に似たものに変わっていく。しかし、それはけっして最終的な確信に達することはない。いつも不確かなもの、疑いの余地があるものであることにはちがいないのだが、しかし、ついそれに強く引きずりこまれていって、愚かな自惚れた希望を抱き始め…

 

 期待に反すると思われる事実が目撃されれば傷つくが、やがてはひょっとしたら…と思い始める。つまり期待に反する事実のように見えるが、そうではないかもしれない、別の理由があるのかもしれない、という気がしてくるのだ。

 

それは希望的な事実を目撃したときにもいえることだ。つまり彼女に思われているという強い確信に達した後で、冷静に反省すると、別の理由の可能性が発見されたりして、あれは必ずしもそうとはいえない、彼女が彼を思っているせいであるとはいえない・という結論に達するのである。その場合には確かに期待外れの苦しいものが再びもどってくることになる。

 

 たとえばはっきりした物の形を認識するときにも、人はその物の形を想像力によって作り上げている、という要素が多分にある。ここに鉛筆がある。人は鉛筆の形をはっきりと認識する。しかし、鉛筆の像は網膜の中にそのような形で入ってくるのではない。人は網膜に映った像を反射的に立体的な鉛筆の形としてとらえているのである。鉛筆の形は人が精神の中で反射的に作っているのである。鉛筆はそういうものとしてあらかじめ人の精神の中に記憶されていて、そのような形の刺激にはこのような像がイメージされるようになるのだ。

 

 人は環境に対していつもそうした形で対処している。

 

 自分の関心、自分の型に合った形で外界を想像し形作っていくのだ。それは経験の積み重ねによって概ね事実から掛け離れていないことが証明される。

 

 たとえば通常人は自分で円い地球を見たことがない。しかし、写真で見たり、教えられたりして、地球は丸い、ということを知っているので、それに沿って地球をイメージする。人は普通直接に日本列島の姿の全貌を見たことがない。しかし、人は大阪、東京、北海道、九州というところがあって、飛行機で行くとそこへ行けることを知っている。そこへ行けばそれぞれの場所でいろんな町や村があって、人々の生活が営まれていることを知っている。それも想像力の働きなのだ。

 

 周囲の人の心や思っていることについては、自分との関係で、いつも非常に気になっているので、人はいろいろな微妙な事実、徴候によって、それを読み取ろうとする。人の精神にはそういう想像力が発達しているので、観察された事実に基づいて(顔の表情や動作や小さな事実によって)、人は身近な他人の心を推測する(感じとる)能力を発達させている。想像力が事実を作っていくのだ。勿論それが事実にあっている場合もあるが、事実からかけはなれていく場合もある。特に感情の色に強く染められて期待(あるいは不安)の気持ちがとても強い場合には、人は自分で自分の幻想を紡ぎ出していくのだ。

 

 日常生活の中でも、我々は、人から好意を持たれている、人の目に自分が素晴らしい姿で(あるいは滑稽な姿で)映っているという自惚れた(あるいは逆の)幻想がしばしば心に浮かぶものである。

 


スポンサーサイト

  • 2015.07.11 Saturday
  • -
  • 02:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM